きぬさや自由帳

小学校教師を卒業して、未知の世界にチャレンジ!

東北旅行記(プロローグ)

金色堂


なぜ東北旅行なのか?

昨年行った東北は私史上2回目、と言っても1回目は子どもが小さい時に夏休みの2泊3日ツアーで、めちゃくちゃ忙しくあまり覚えていません。

覚えているのは、家族全員でこけしの顔を書いたこと(家に残っています)と蔵王の露天風呂に入ったこと、松島の遊覧船で退屈だったこと、それと添乗員のお兄さんが一生懸命用意してくれたカブトムシを朝早くから公園のようなところに探しに行ったこと。なぜお兄さんが用意したとわかったのか?カブトムシがいないはずの木にカブトムシがいたのです・・・。誰一人とれなかったら困るから、用意してくれていたようです。「添乗員さんも大変だ~。」と思ったのを覚えています!

実は東北は学生時代に行くはずだったのですが、計画を立ててくれていた友だちが行けなくなったのでやめたということもあり、ゆっくりと行ってみたいというのがかねてからの念願だったのです。やっと思いがかなったのが昨年でした。

東北というと・・・

東北というと日本三景松島、平泉の金色堂奥入瀬渓流、八幡平、小岩井農場などが有名だと認識していました。そのうちの奥入瀬渓流と八幡平は是非見たいと思っていたのです。そして、折角行くのなら少し足を延ばして、世界遺産になったばかりの三内丸山遺跡にも、という意見も入れて夫が綿密なプランを立ててくれました。

そして、昨年の旅行があまりにも上手く運んだので、今年も行こうということに。なぜなら行きたくて行けなかったところが・・・。「恐山」!泊るところからかなり遠いのですが頑張れば行ける!ということで今年も行こうとなったのです。すると、下の娘が「恐山なら行きたい!」と参加することに。おまけに、折角行くなら「即身仏」も見たいということでなかなかハードな計画を、またまた夫が立ててくれたのです。

我が家の旅のスタイルは

私たちの旅のスタイルは節約旅行です。できるところは節約してその分また違う旅行に行きたいと思うタイプなのです。そんな私たちにトラピックスはジャストフィット。あとクラブツーリズムのツアーも好きです。普段近くに旅行する時は宿を自分で予約して車で行くことが多いですが、最近近くのJTBにお願いすることも増えてきました。早めに宿と交通手段(飛行機、船、レンタカー)をセットで頼む時は意外と安いのです。

これは余談ですが、さてさて、どんな旅になったのか東北旅行記は続きます。

*恐山