きぬさや自由帳

日々思うこと、旅日記、子育てのヒントなど

金沢旅行記 追加編3

安宅関


源義経
が頼朝の追手から逃げていた時、この安宅関で繰り広げられたのが勧進帳

お芝居にもなった有名な場面の像が建っています。

ここまでは昔からあったのです。いえ、像しかなかったはずなのですが、安宅関所の門「こまつ勧進帳の里うみのえき 安宅」というおしゃれな建物が建っていました。


道の駅
のように小さな飲食スペースとお土産物の販売があり、勧進帳ものがたり館」が併設されています。

 

ここには安宅ビューテラスもあって、海に向かってステキな眺め!

おススメスポットです。


お隣の安宅住吉神社には勧進帳にちなんで「難関突破」のお守りがありました。


霊験あらたかそう!なので、もちろん授かってきました。

 

小松空港

航空自衛隊小松基地と共用している小松空港展望台へ。


近くの?保育所の子どもたちも来ていました。

 

行く途中でジェット戦闘機が離陸したので期待したのですが、20分ほどいた間には戦闘機は離陸せず。

 

民間機の離発着はあったので、子どもたちは喜んでいました。

なかなかいい散歩コースかも・・・

中には望遠レンズの付いたカメラで狙っている人もいました。

ジェット戦闘機の離着陸が見たかったのですが・・・

 

何度か小松基地航空祭に来たことがあるのですが、基地の近くでは日常的に「ジェット戦闘機が飛んでいるんだ~」と改めて思いました。

航空祭

 

ジェット戦闘機のエンジン音は、たまに聞くのは特別感があるけど、日常で飛んでいるとうるさいかも・・・とも

 

ジェット戦闘機を観光で見られる平和。

これが訓練だけで終わってほしいと切に願います!

金沢旅行記 追加編2

金沢おでん


普通のおでんと違うのが、大きなドーナッツのような「ふ」があることかなあ。

そうそうと~っても大きな巻貝(梅貝)も入っていました。

説明によると、金沢の地元の食材を使っていて年中食べられるのが金沢おでんなのだそう。


駅の「ちくわ」というお店でいただいたのですが、これが美味しい!日本酒のあてにピッタリ!!(まあ、おでんですから)

私は車麩くるまぶ(ドーナッツのような「ふ」)をいただいたのですが、ほどよく柔らかく、美味しい出汁をいっぱい吸ってナイスなお味でした。

 

次の日に近江町市場で車麩を購入(安かった)して、後日炊きものにしたらGOODでしたよ。


貝はそれほど好きではないので、大きさに圧倒されてパスしました。

 

金沢駅の近くにはたくさんの飲食店がありますが、「ちくわ」のあったJR金沢駅直結の「あんと」(「ありがとう」という意味らしい)という飲食店街にはいろいろなお店があり、どの店も美味しそうでリーズナブル。食べるところに困ったらここはお勧めです!

*二軒目の魚がし酒場「魚せん」で(駅から10分)

金沢駅


金沢駅
というと鼓門で有名ですが、私の記憶では駅から少し離れてロータリーの真ん中にド~ンと立っているイメージだったのですが、今回行ってみると門が見えない!

なぜなら駅と門の間に屋根が出来ているのです!ビックリ!!

もてなしドームというのだそうです。

*駅からの鼓門


とってもおしゃれな広場で、雨に濡れなくていいけど・・・、駅から門の形がわかりにくいし、門の写真を撮ろうと思うと思いっきり駅から離れないといけない・・・。

*駅から離れて


う~ん、ちぴりぴり不便? まあ、これは観光客目線ですが・・・

 

夏休みがやって来た!

夏休みの始まり

いよいよ夏休みが始まります。

お昼ごろ、子どもたちがとてもうれしそうに学校から帰っていく姿が見られました。

終業式の日から子どもは夏休みモードですよね。

でも、気を付けないと・・・

子どもは夜更かししてもいいと思っていませんか?遅くまで寝ていてもいいと・・・

「夏休み明け」を考えると、大事なのは生活リズムを狂わさないことです。

 

子どもの調子が悪くなる時生活リズムの乱れが隠れていることが多いのです。

学校に行く時と同じ時間に起きて寝るのが一番です。

大人には長い夏休みはないのでは?

子どもだけがついつい夏休みモード・・・そんなふうにならないように注意しましょう。

大人も子どもも、休みの日にだけ休日モードにすれば、夏休み明けもしんどくありません。

そのためにはいつもの時間に起こして、いつもの時間に寝かせることが大事です。

 

是非子どもに負けないように、いつもの時間に起こしてください!

 また、夏休みの宿題が心配なお家もあるでしょう。

 

尾木ママ尾木直樹さんが新聞で答えられていたのですが、先生のお母さんは「宿題しなさい」と言わず、「今日はどんな予定?」と聞くそうです。「とりあえず宿題をやってから遊びに行こうと思う」と答えると「えらいね、自分で予定を決められて」ほめてくれる

そのことによって自己肯定感が湧き、「やる気エンジン」がかかったとおっしゃっていました。

子どもに「大丈夫?」と聞いても「大丈夫」と答えるし、「やった?」と聞くと「やった」と答えます。

 

自分で予定を決めて自分でできた。そのことをほめることで自己肯定感を強めることができます。

 

大人の言葉がけ一つで、子どもの力を伸ばすことができるのです。

大人の力が試されている所かもしれませんね。

夏休みは子どもとの知恵比べです。

大人も子どもも成長しましょう!

明日は1学期の終業式ですね(成績の見方)

成績を丁寧に見てあげましょう

明日の終業式成績表(学校によって呼び方は違いますが)がわたされるでしょう。どんな成績を期待しているでしょうか?

 

期待通りでも違っても、しっかりと受けとめてあげてください。

「一学期間の子どもの成長を感じるために見る」という気持ちで!



成績表は学校又は市町村によって形式も評価基準も違います

その学校での成績表の見方は、学校だよりや学年だより又は別のプリントに示されていると思いますので、まず、それを読んでから見てくださいね。

 


教科の成績のAや〇、「よくできる」の数だけでほめたり叱ったりしないでくださいね。

そして、必ず最初にほめてあげましょう。

 

「ほめて伸ばす」とよく言いますがその通りです。

叱っても一時的にうまくいくことがあってもそれ以上伸びません。

やる気にさせるのは、まずほめることです。

 


そして、気にしてほしいのは、学習内容がわかっていると本人が思っているかどうかです。

 

評価の良い悪いより、もし本人が「わからない」と思っているなら夏休みにわかるようにしておかないと、この先勉強嫌いになるかもしれません。

 


意欲や態度の評価が悪い時
には、本人がなぜそうなったかがわかっていることが大事です。

 

授業中しゃべっていたり、課題を出していなかったりしなかったかな?

まずは自覚がなければ直りませんからね。

 

まあ自覚があっても直らないことが多いですから、叱らないでおおらかに見守りましょう。



ただ、宿題や授業が難しくてできていない場合は「本人がしんどい」のですから何とかしないといけません。

 

つまずいているところを補習するのには、夏休みはいい機会です。

 

どんなところにつまずいているのか見てあげることをお勧めします。ただし、「できないことを責めてしまう」なら誰かにお手伝いを頼みましょう

 


なにより大事なのは子どもが少しでも頑張ったことを、まずほめてあげることです。

成績が出てから叱っても残念ながら効果はありません。

 

良いところ、頑張った所をまず認めて、ほめる!

 

悪いところ苦手な事は直すのはとても難しいですから、少し目をつぶって、良いところを伸ばすようにすると悪いところも目立たなくなることが多いです。

とにかくほめることを探すという姿勢で、おおらかに成績表を見ましょう。

 

金沢旅行記 追加編1

追加編?

3月金沢に行ったばかりなのですが、友だちの付き合いで6月にも行ってきました。

今回は友だちの出張の付き合いでもあったので、普段の旅行のような観光メインではなかったのですが、前回行けなかったところも回れたので・・・

そこで、今回は金沢追加編です。



今回は金沢市内の金沢マンテンホテル粟津温泉湯快リゾート粟津グランドホテルに泊まりました。

 

金沢では、前回行かなかった「長町武家屋敷」界隈や金沢城内にある五十間長屋の中の見学ができました。また、金沢おでんも食べました!

小松にも寄ったので、安宅関小松空港自動車博物館にも行きました。

そのあたりを追記します。

 

長町武家屋敷



金沢城址公園からまだ西に進み、用水の流れを越えると一挙にタイムスリップ

武家長屋の雰囲気を残す町並みになります。



まるで江戸時代に迷い込んだような通りを進むと長町武家屋敷休憩館があり、そこでしばしトイレ休憩。


その斜め前には和菓子屋さんがあり、と~ってもオシャレで美味しそうな和菓子を売っていました。

*和菓子屋さんの中なのです

 

五十軒長屋

金沢城址内五十軒長屋が再建されていて、建物の中を見学できるようになっています。

五十軒長屋とは、人が住む長屋ではなく、とっても長~い建物=長屋で、平時は蔵として、有事には砦になるように建てられた建物です。なので、お城のように敵の攻撃に備えた石落としなどもあります。


2階建ての建物
の端から端まで歩くと結構な距離。

中はとてもいい木の香りがします。大きなすばらしい木材を使って、昔からの工法で建てられているそうです。中の展示には木の組み方の説明もあります。


入館料は320円
ですが、65歳以上は無料。またも恩恵にあずかりました。

 

夏なのに長袖?

今年も酷暑と言われる夏、なのに長袖の人多いですよね

私も外に出る時日焼け防止に長袖をひっかけて行くことが多いです。

サラリーマンはクールビズとか言われながらもスーツを着ている人をけっこう見かけます。


そして、高校生。長袖が多いですね。

教室のクーラーが寒いとか・・・

中には皆が着ているから脱げないという子もいるそうです。

では、小学生はどうでしょう。

少ないですが、やっぱり長袖の子がいます

教室にクーラーがあるので寒い子もいるかもしれません。

でも、そんな時は教室では長袖を着て温度調節をする方がいいのでは・・・と思ってしまいます。外で長袖は暑くない?

6月30日と7月7日の朝日新聞のフォーラムのページに「長袖を脱がない子どもたち」という記事がありました。

長袖を着ている理由として「毛深いから」「実際に寒い」「ファション」「アレルギー」「日焼け止め」などの回答がありました。

 

実際本人が考えたうえで熱中症対策もできるのであれば全然構わないのですが、今までの経験から気になることがあります。

子どもが夏でも長袖を着たりフードをかぶったり、マスク等で顔を隠すなどをする時には、心がしんどくなっているサインのことが多いのです。


もし、暑い時にも長袖を脱げないのであれば、少し気を付けてあげてください。

SOSのサインかもしれません。

 

何故脱がないのか、脱げないのか親子で相談してみてください。無理に聞いてもダメですが

そして、その原因が取り除けるならそうしてあげた方がいいし、わからないならより注意深く見守ってあげましょう


温度調節は自分でできた方がいい

つまり、暑い時には涼しい恰好、寒い時には一枚は織るということが自分で出来るようにしていきたいですね。

だらだら汗をかきながらの長袖は、熱中症の恐れがあり危険ですから。

ディズニー夢紀行4

ひさしぶりのディズニーリゾートで感じたこと

 

まず、自分が年を取ったのだということ。

やっぱ、疲れた~!!

 

そして、ディズニーファンは年齢層の幅が広くディズニー愛が半端ない!

そうです、周りとのテンションの違いを痛感しました。



お土産のぬいぐるみを抱いているというのはどこでも見かけますが、家からぬいぐるみを持ってきている人の多い事。

 

中にはかご一杯のぬいぐるみを持っている人や100個くらいマスコットのついたカバンを背負っている人!

 

「アトラクションが楽しめないやん」と思う私はどうもディズニーでは異端児らしい!

 

コロナを経て、世の中の押し活ブームもあり、ますますディズニー愛を持った人たちの押し活に力が入っているようです。



そうそう、グッズのお店ですら予約なしには入れないところがあるのです!

そして、知らないキャラクターもいっぱいいました。白い猫とか・・・



ディズニー愛の人たちとのテンションの差を感じた2日間でした。

 

たくさん歩いたこともありますが、めっちゃ疲れました!(次に日動けないくらい)

 

でも、やっぱりディズニーリゾートは夢の国!楽しいのよね~!!

 

ファンタジースプリングスにはちょっと行ってみたいかも・・・( ^ω^)・・・

 

今回飛行機代をいれた費用は近くの海外旅行に行けるくらいかかっていました。

そういう意味でも夢の国への旅なんですね~。

行くなら体力のあるうちに行かないと・・・と思いつつ、次に行く日は来るのでしょうか?

 

とにかく・・・いい体験ができました。