きぬさや自由帳

小学校教師を卒業して、未知の世界にチャレンジ!

八重山諸島旅行記(その1)

今年4月退職記念に、死ぬまでに行きたいところの一つ、沖縄の離島に行ってきました。

昨年行く予定でツアーを予約したのですが、新型コロナの影響でツアーが中止に!今年は緊急事態宣言を免れたので、行くことができました。阪急交通社の「石垣島西表島由布島竹富島 八重山諸島4島をめぐる癒しの休日」3日間のコースでした。

1日目(石垣島へ)

午後2時過ぎ関空発の飛行機で石垣島まで約3時間弱。

前日まで石垣島の近くを台風が通っていて、この旅行は天気を心配していました。案の定、石垣空港に着いたらちょっとイヤーな雲行き。台風は遠ざかる方向なので「これからはましになるかな」と思いながら石垣島へ上陸しました。飛行機からの海の色もあの目の覚めるようなコバルトブルーではなかったのが残念!

*ホテル前で


1日目は石垣空港着が午後5時前でしたから、「バンナ岳展望台」という石垣島の中心部や海を望む高台の絶景スポットを見学してからホテルというコースでした。

「バンナ岳展望台」に着くととたんにすごい雨風!傘をさしていても濡れてしまい、傘がつぶれそう!展望台の上まで登ったものの、屋根もないところだったので、早々にバスに引き上げました。雨だったのですが一応見通しは良く、海までしっかり見えました。ただ、エメラルドグリーンの海ではなく、灰色の海でしたが・・・。

夕食はホテルの横のレストランで石垣島の郷土料理を八重山そばに太モズク、海ぶどうなど。特にモズクが麺つゆのようなお出汁で食べても美味しいのに感激しました。モズクは酢の物と思いこんでいたのが間違いだったのです。

ホテルは「アートホテル石垣島。落ち着いた雰囲気の素敵なホテルでした。忙しいツアーなので、ホテルを満喫することはできませんでしたが、朝食のバイキングは、島の料理も充実していてとても満足のいくものでした。お部屋もきれいで、大浴場もあってゆったりできました。

着いた日、夕食前にホテルの部屋で、お土産コーナーの黒砂糖をまぶしたナッツをあてに、一足先にオリオンビールで乾杯!石垣島にキターーーー!という感じを満喫しました。

 

秋の雑学(赤とんぼ、キノコ、稲)

彼岸花に続き 秋の雑学を

いつの間にか燕がいなくなり、赤とんぼが舞っています。先日の雨の日に赤とんぼがオクラの葉に逆さになってぶら下がっていました。じつは前日の夕方からずーっと雨宿り?していたようです。まさにお泊りしていたのです。

*雨宿りでお泊りの赤とんぼ

赤とんぼ

「赤とんぼ」とよく言いますが、「赤とんぼ」というトンボはいません。体が赤いトンボの総称です。主にアキアカネとナツアカネをさすことが多いのですが、他にも21種類くらい赤とんぼと言われるトンボがいるそうです。ただ、秋に平地で群れをなして飛んでいるのはアキアカネが多いようです。

このアキアカネ、通常はメスがオスより赤色が淡いけれど、寒いところでは、メスの赤い色がより濃くなるので体温調節昆虫と呼ばれることがあるそうです。寒いところの方が「赤とんぼ」がより「赤とんぼ」らしいのです。

ナツアカネは夏も平地にいますが、アキアカネは暑さに弱いので、夏は高地にいて、秋になると平地に帰ってきます。両方とも成熟するまではあまり赤くないので、秋になり成熟すると「赤とんぼ」と感じるのです。

全国的に「赤とんぼ」も水田の農薬の影響などで数を減らし、大阪では「純絶滅危惧種に指定されているそうです。大阪では、水田も少なくなって「赤とんぼ」も生きにくいのでしょうね。

白いキノコ

*オオシロカラカサタケ

秋らしい風景をもう一つ、近くの公園を通り過ぎようとしたら、そこいらに白いキノコが・・・。大小取り混ぜて10以上も!もう少し進んだところにも、今度は傘が完全に開いて直径10㎝近くあるものも!

*公園のキノコ

春から秋にかけて、雨の多い時に出るキノコですが、何となく「キノコ狩り」というと秋という感じがします。

ところが、帰ってこのキノコの名前を調べてビックリ、毒キノコだったのです。まあ、公園のキノコを食べる人はいないと思うのですが、猛毒の「オオシロカラカサタケ」でした。食べると嘔吐や下痢の激しい胃腸症状を起こすそうです。こんな身近に毒性のキノコがあるなんて、その事実にもビックリです。結構見かけるキノコなので(学校でも生えていそう)皆さんも注意してください。

秋と言えば新米

*稲刈り間近

早いところでは8月から、遅いところでも10月上旬に稲刈りが終わると思います。いよいよ新米の季節ですが、お米は一粒のお米から約何粒のお米ができるか知っていますか?

一粒のお米から一株の稲が育ちます。その株から稲穂が約20本。その穂には約80個の実が付きます。つまり、20×80=1600  1600個の実ができるのです。ということは、半年で一粒が1600倍に増えるのです。他の植物と比べても、こんなに効率の良い植物も少ない!お米はとっても素晴らしい植物です。だから主食になれたのでしょうね。

*稲穂

 

秋の雑学(彼岸花)

田んぼの土手や川岸などに、真っ赤な花火の様な彼岸花が咲いています。彼岸花について・・・

彼岸花(曼殊沙華)

「ごんぎつね」のお葬式の場面の挿絵にも描かれていましたが、この時期子どもたちに彼岸花を描かせたりしませんか?縦長の画用紙に描かせると教室がいっぺんに秋らしくなるので好きでした。おまけに、絵の下手な私でも何となく絵になるんです、彼岸花は!

この彼岸花根に毒があることは知られています。でも昔は晒して毒を抜いて食べていたこともあるようです。また、田んぼのあぜ道や墓場に植えられていたのは、この毒を利用していたからだとか。害獣であるモグラが来ないように田んぼの周りの畔に植えました。直接モグラには効かないそうですが、エサのミミズが少なくなるので、結局モグラも来なくなるそうです。また、昔は土葬していたので、獣に墓を荒らされないように墓の周りにも植えていたらしいのです。

彼岸花は、急に茎が伸びてきて、パッと花が咲きますよね。葉っぱはないの?

花が咲いた後、よく見ていると葉っぱが生えてきます。そろそろ雑草たちは枯れる頃なので、彼岸花の葉はこれから春にかけて他の草と競うことなく光合成ができるのです。なかなか賢いですよね。

*稲刈りのあとの彼岸花

そして、一番不思議なのが、秋のお彼岸の頃になると急に花が咲き出すことです。花はどうしてお彼岸だとわかるのでしょうか?

彼岸花の場合は気温だそうです。夏の暑さを超えて涼しくなってくると花が目覚めるのだそうです。

気温以外で季節を感じる花もあります。よく知られているのが菊です。菊の花は秋を代表する花ですが、お花屋さんには年中あります。これは、菊は日照時間(日の当たる時間)が短くなると花芽を付けるという性質を利用して、人工的に日照時間をコントロールする(電灯で照らす)ことによって年中花を咲かせているのです。

気温や日照時間の変化によって、自分の都合の良い時期に花を咲かせているなんて、すごいと思いませんか。

 

子どものスポーツでの保護者の役割は?

子どものスポーツ、応援するのも難しい!

ゴルフや卓球、テニスなどニューヒーローが次々に現れ、英才教育に注目が集まっています。その反面、子どもを追い込みすぎるので、柔道を始めとして、年少期の大会をなくす競技も増えてきています。子どもがスポーツに打ち込んでいるときの保護者の役割は何でしょう。

具志堅用高さんの銅像

その参考になる記事が朝日新聞に載っていたので紹介します。

9月7日付けの朝日新聞には、ラグビーイングランド代表監督エディ・ジョーンズさんが、子どものスポーツに対する保護者の姿勢について意見を寄せていました。

保護者はいつも子どもたちを励まして欲しい。悪かったところを批判するのではなくどうすればよかったのかを聞くようにすれば感情的な言い合いが学習時間になる。とにかく批判するのではなく応援してほしい。パソコンも良いが、子どもが好きなスポーツを見つけられるようにバランスよく外遊びもさせてほしいと書いてありました。

また、22日付けの「子どもとスポーツ」というページには体操の田中理恵さんのお話の中に、体操一家である理恵さんのお父さんから「アスリートは競技をやめた後の人生の方が長い」から無理な体重制限をしてはいけないと言われていたことが書いてありました。理恵選手が遅咲きでもオリンピック選手になれたのは、家族が自分の意見を尊重してくれて暖かく応援してくれたからという話に、なるほどと思いました。

また、同じページに、とちぎスポーツ医科学センター長の池田達昭さんの話として、体操やフィギュアスケートのように「空中で回る動き」は小学校低学年までに始めることが良い。また、テニス、バドミントン、卓球、バスケット、サッカー、競泳なども早くからやり始めた方が良いそうなのですが、ある程度のレベルからもう一伸びするためにはその競技のみしていてもダメなことが多く、子どもの頃よく遊んで多様な遊びをしていることが大事なのだそうです。

松尾芭蕉銅像


保護者の大事な役割は、まず子どもの気持ちを尊重してあげて、どんな時でも応援すること
なのかもしれません。ただ、熱くなって野次を飛ばすのは応援ではありません。その子の成長を考えて、自分が熱くならずに見守ってあげてほしいと思います。本人が冷静で無くなったときに、きちんと考えさせてあげることができるのが保護者なのです。小さい時にはいろいろな事を体験させてあげて,大きくなったら本人に任せるのが理想なのではないかと思います。

*ジョン万次郎の銅像

 

川の名前から・・・

今住んでいるところや勤務地のこと知っていますか?

*飛行機からの大阪城周辺

何かのきっかけがなければ、住んでいる場所(勤務している場所)のことも知らないことが多いのではないでしょうか。

教師をしていて良かったこと。1年生を持つと校内のことが覚えられます。そして、2年生では校区のことが分かります。3年生では学校のある市のことが、4年では都道府県のこと、5年ではその地域の主な産業が分かります。全学年を持てばその土地のことが子どもたちと一緒に学べます。これってすごく楽しいことですよね。

でも、教科書だけではわからないし、その学年を持っていないとわからないこともたくさんあります。大阪の堺市から高石市に転勤して勤めた学校の近くには芦田川が流れていました。

高石市はとてもマイナーな市なので、大阪に住んでいる人でも知らない人も多いと思いますが、堺市に隣接するめちゃくちゃ小さな市です。東西6.1キロメートル、南北4.1キロメートルで、市域が11.30平方キロメートル。自転車で端から端まで行けてしまいます。

*飛行機からの八尾空港


海に流れ込むその川を芦田川と呼んでいたし、少し川上にある公園(芦田川ふるさと広場)を作る工事にも「芦田川改修工事」と書いてありました。それで高石市内を流れているこの川は、すべて芦田川と呼ぶもので、隣接する和泉市の山の方にある光明池から流れてきていていると何となく思っていました。

最近、同じ高石市芦田川ふるさと公園より少し川上の所では、川の名前が「富木川」であると知りました。「えーっ、同じ川なのに同じ市内で名前が違うの?!」驚きでした。

そこで、検索してみました。すると、ネット上には「川の名前を調べる地図」なんていうのがあるんです。(べんりー!)それで調べるとなんだかよくわからないところで富木川から芦田川に変わっていました。そして、流れ出ているところは高石市のすぐそば堺市の鶴田池だったのです。こんなに短い川で、おまけに名前が途中で変わるなんて・・・!ビックリでした。

*飛行機からの淀川


身近な場所のよく使っている川の名前や池の名前、いろいろな地名なども、インターネットを使うと誰でもすぐに由来や地勢的な情報などを調べることができます。このような活動はきっと子どもたちの興味も掻き立てる事でしょう。自分たちが探検してきた場所や普段行く所について興味を持たせて調べたいと思わせることで次々に興味が広がるかもしれません。ただ探検してくる、教科書で見るだけでなく、生きた学習にするのかどうかは先生方の腕しだいです。校区探検や市内巡りでも、広がりのある学習が組み立てられたら面白いと思いませんか。

屋久島空港から海を見る

 

無駄に叱っていませんか?

「なぜ叱ってしまうのか」

9月16日付の朝日新聞のオピニオン&フォーラムに、「なぜ叱ってしまうのか」という臨床心理士の村中直人さんへのインタビュー記事が載っていました。

ほめて育てたいのに叱ってしまう。叱っているうちにだんだん止まらなくなる。私たちはなぜ、叱るという行為にふりまわされるのか。という文で始まる興味深い記事でした。

*別府:坊主地獄


要約すると、

叱るという行為には即効性があり、処罰感情を満たせるというご褒美もあるので、依存性がある。叱ることに行動を修正する効果はあっても、根本的な意味はない。つまり教育的な効果があると思っているのは叱る側だけで、人が学んだり成長したりするという点ではほとんど意味がない。

社会には「親なら子どもの行動をコントロールせよ」というプレッシャーがある一方、「子どもは褒めて育てましょう」とも言われる。これにより親の苦悩が深まり「叱る依存の落とし穴」にはまってしまうことが危惧される。何らかの生きづらさがあった時、無意識に生きづらさを一時的にやわらげる物に依存するようになり、余裕のない時にはついつい叱ってしまう。叱ることで生きづらさを和らげようとする。叱ることがやめられなくなった延長線上に虐待やDVがある。

「叱る依存の落とし穴」にはまらないためには、自分で生きづらさの正体を探ることだ。ただ、虐待やDVの加害者は悪いことをしていると思っていないので医療や公的支援が必要。

家庭以外の会社などでも、パワハラを恐れて叱ることを怖がる風潮も強まっているが、その解決策としては叱ることの効果を過大視しない。効果があると思っていると依存し行き過ぎる。職場で自由に意見できる「心理的安全性」があれば処罰感情もわきにくい。

できるだけ叱らないためには、「叱ってしまう自分」を叱らない。我慢すると余計にやめられなくなる。相手が行動しない理由が「できない」からなのか「しない」からなのかを見極める。その上でどんなサポートがあれば「できない」が「できる」に変わるのかと考えてみる。叱らないで良い方法を試行錯誤するうちに叱らなくなるが理想。社会が叱られた苦痛から学んでこそ成長するという「苦痛神話」から脱却しないといけない。

*別府:竜巻地獄(間欠泉)


アウトラインだけを抜き出しましたが、本当は全文を読んでいただきたいです。正にその通り!と思うことがいっぱいでした。何となく「苦痛から得られるものが役に立つ」とか思いがちですが、実はその周りにあたたかいものがあったからこそ身に付いたものなのではないかと思い至ります。

子どもを叱らないようにするのは難しいかもしれませんが、まず、叱っても効果がないことを知ること、自分のイライラの原因を探ること、そして、その子にとって「できない」のか「しない」のかをよく見極めて「できる」に変えるための新しい方法を考えていく。そんな練習をしていくことで、「叱る」に依存しなくてもよくなるのではないでしょうか。

イライラしている時は、子どもと少し間隔を置きましょう。そして、何事でもすぐには無理です!それがまた、ストレスになります。ゆっくりといきましょう。少しずつ、少しずつ・・・。

*別府:竜巻地獄

我が家にはヒメがいる(その2)

うちのかわいいヒメの続きです。ヒメの忘れられない思い出話を。

*夏バテぎみのヒメ

ヒメの脱走

このヒメ、若い頃に2度脱走をしました。1回は扉の下の掛け金を忘れていたら、そこを無理やり押して隙間から出たようです。学校から帰った娘が近所の人に「ヒメちゃん幼稚園バス止めてたよ。」と言われて大慌てで探したら、近くをうろついていたので捕獲。もう一度は、夏に外で水浴びがてらシャンプーしていたら首輪が抜けて脱走。なにせヒメは水が嫌いで、今でも雨の日は早々に散歩を取りやめてしまうほどなのです。その時は、追いかけると逃げるので、エサでおびき寄せて捕獲しました。この頃は年を取ったのでそんな元気はなさそうですが・・・。

恐怖!口から・・・

ヒメの困った癖。なんでも拾い食いする。夏には蝉の死骸を食べちゃうことも。忘れられない恐怖体験は、散歩に連れて行った時、「植え込みに頭を突っ込んでるなあ」と思った後、「妙にスタスタわき目もふらずに歩くようになったなあ」と思ったら、前から来た人がヒメを見て何とも言えない顔をしたのです。「おかしい」と思ってヒメの顔を見ると、ヒメの口から翼が・・・。スズメの死骸をくわえていたのです。ヒメはあわてて小屋に帰ろうとするのです。「どうしよう???」小屋に入れたらきっと食べるし、引っ張っても離さないし、とりあえず小屋に入る前につないでおいて、一番好きなおやつを持ってきて目の前に置き、口からスズメを離したその一瞬に蹴り飛ばし・・・何とかセーフ! 以来植え込みに顔を突っ込みそうになったら止めます!全力で!

ヒメの出産

ヒメは2回出産をしました。2歳と4歳の時です。出産に立ち会えて本当に良かった。生まれてくる時も感激!赤ちゃんを産みながら先に生まれた子の世話をするのです!生まれて一週間は、トイレに行くためだけに散歩に行って直ぐ帰ってくるし、小屋が汚れないようにずーっと子どものうんこやおしっこの世話もしてるし、えらいなあと思いました。丸裸の赤ちゃんからふかふかの赤ちゃんになるまで、ほぼ一か月間、毎日子どもの体重を計りながら、ヒメの子育てする姿を見せてもらって、私たち家族にとってすばらしい経験でした。離す時は本当にかわいそうでしたが、子どもたちはみんなもらわれていきました。

*初めての子(二匹)とヒメ

*二回目の4匹の子

今年13歳。少し年を取ったと思うけど、これからも元気に長生きして、夫の散歩の相手をしてほしいと思います!