きぬさや自由帳

日々思うこと、旅日記、子育てのヒントなど

佐渡紀行3(湖畔の宿 吉田家)

港からお宿

バスで今宵のお宿「湖畔の宿 吉田家」に直行です。

着いた小木港佐渡島の南の端っこで、お宿「湖畔の宿吉田家」佐渡島中央のくぼみの東側加茂湖のほとりにあります。

流石に日本で一番大きな島である佐渡島

真ん中まで行くのに約1時間かかりました。

途中海の見えるところ、畑の見えるところ自然豊かな景色が広がります。

そして、いたるところに満開の桜が・・・

ソメイヨシノの淡い色もっとピンクの桜や八重の桜

すべての桜が一斉に満開を迎えていました。

 


桜だけでなく、スイセンチュ―リップなど春の花がみ~んな一斉に咲いています。

でも、遠くの山にはまだが沢山残っているのです。

 

北陸の春はすべての花が一斉に咲き出すのだそうです。

バスの窓からでもそれがわかりました!

湖畔の吉田家


落ち着いた和のお宿加茂湖のほとりにあり、入り口から数歩で湖です。

この湖が案外大きい。

島の中の湖とは思えないくらいです。

開放感あふれる屋上露天風呂に浸かり、夕食です。

カニが一匹ずつ付いていて、時間がかかるけど満足できる料理でした。


佐渡島は柿が名産
だそうで、柿のシャーベットがすごく甘くておいしかったです!


食後に内湯の温泉に浸かり、お宿のロビーで民踊ショーを見ました。


明日に備えて早めに寝ました。

佐渡紀行2(行き)

電車旅・船旅

大阪駅からサンダーバードに乗り約一時間、敦賀へ到着。

敦賀3階まで上がって乗り換え、開業したばかりの北陸新幹線はくたか上越妙高駅へ。

新しい駅、新しい車両。普段あまり電車に乗らないのに、こんなに早くこの新幹線に乗れるとは・・・2時間かけて福井県から石川県をぬけて新潟県


快適な座席
の美しい車両でしたが、新幹線は速いので景色を楽しむというのはちょっと・・・。トンネルも多いし。

でも、いろいろな所で遠くの山、近くの里に満開の桜を見ることができました。

 

車内お弁当を食べてビールを飲んで・・・。花見をして・・・もたっぷり読んで、電車の旅をしっかり楽しみました

上越妙高駅からはバス直江津港に向かいます。

少し時間があるということで、少し寄り道して、市内の桜が満開の公園を車窓から眺めながら走ってくれました。

 

大阪は桜がそろそろ終わっていたのに、新潟は満開になった所!最も美しく、おまけに空も青!最高です!!

直江津港から今度はフェリー2時間


このフェリーには売店などはなく自販機だけです。

2等客室なので大部屋か廊下等の椅子席

よく知っている人は上の方のソファー席をとるためにダッシュ

 

われわれは大部屋の一角に陣取りました。


娘が寝るために毛布を一枚借りてきた(100円)のですが、座っているうちにその必要性をひしひしと感じました。

 

若干寒い!もっと深刻なのはお尻が痛い!

じゅうたん一枚ではクッションが悪いのです。

みんながソファー席の確保を焦っていたのがわかります。

結局その一枚の毛布に4人で足を突っ込んでお昼寝しました。

 

帰りは一人一枚毛布を借りよう!!

島に到着後バスホテルに向かいました。

 

佐渡紀行1(はじまり)

佐渡島

死ぬまでに行きたいところとしてピックアップしていた佐渡島に行ってきました。

 

若い頃はあまり興味のなかった地ですが、最近いろいろな所で取り上げられている北沢浮遊選鉱場跡(ラピュタに出てきそう)佐渡金山

そして「たらい船」に乗ること。などなど・・・最近では興味いっぱい!

*北沢浮遊選鉱場

 

面白そうなところに加えて、「近々世界遺産に登録されそう」というのも「行きたい!」を押します!

 

世界遺産になってからでは、観光客が多くなる。

 

これは「いつ行くの?」「今でしょ。」では・・・

 

*道遊の割戸


魅力いっぱいの佐渡島なのですが、なかなか個人で計画を立てるのはめんどくさく、費用も高くなりそうなので、いつものトラピクスのツアーの中で日程的に良かった物を予約しました。

*トキ


出発は4月中旬土日を挟む2泊3日の旅です。

娘たちも行きたいということで、総勢4人で行くことになりました。

 

今回のツアーは電車で新潟の直江津まで行ってフェリーで佐渡島にわたるというコースです。

 

佐渡島までは遠いので観光するのは、ほぼ中日の1日

なかなか忙しいツアーです。

敦賀にて



飛行機で行くツアーもあったのですが、行くところはほぼ一緒なので、少しでも安いツアーの方が・・・まだ若いし?!

 

佐渡汽船


最高の天気
に恵まれて、どこに行っても満開の桜に迎えられる素晴らしい旅になりました。

近視の予防は屋外で

「一日2時間、明るさ千ルクス以上の光を浴びると近視の発症を抑えられる」って知っていますか?

私は5月20日朝日新聞の記事を読むまで知りませんでした!

 

近視が将来の目の病気のリスクを高めるというのは、最近母の眼科に付き添っていて知ったのですが、記事によると、強度の近視の場合そうでない人に比べて、緑内障のリスクが3倍、網膜剥離が13倍も高くなるそうです。

また、近視は低年齢ほど進行が早く、10歳以下で発症すると強度の近視に至ると考えられていて、低年齢での発症予防が大切です。

 

近くを見る作業が多くても、屋外活動時間が長ければ発症を抑えられるんですって。

台湾やシンガポール、中国の小学校では国語や算数の授業を屋外でするなどの活動を取り入れ近視眼病率の減少に成功しているそうです。

小学校ではデジタル化も進み、目を酷使することがますます増えていますし、もっと小さい子どもたちも早くからタブレットなどデジタル機器に触れていることもあるでしょう。

 

また、温暖化でついつい屋内で過ごすことが多くなったり、習い事が多くて屋外で遊ぶ時間が取れないなんて子も増えてきているように思います。

一生使う大事な目ですから、大事にしたいものです。

 

一日2時間の屋外活動で近視の発症リスクを軽減するのですから、学校だけでなく、家庭でも考えていかないといけないと思います。

でも、日本は本気になるのが遅くないですか?

台湾では1990年代から取り組んでいるらしいですよ。

学校に勤めていた私でもぜんぜん知らなかったのですから、もっと周知した方が良いと思うのですが!

子どものサプリメント

サプリメントにたよっていませんか?

5月17日付の朝日新聞を読んでいてびっくり!

子どもにもサプリを飲ませていて健康被害が出ているという記事です。



サプリと言えば大人の物。

いろいろなサプリテレビCMや新聞広告などで見かけ、しつこいほど電話勧誘もあります。

 

「紅麹サプリ」の問題が起こるまでは、「不足する栄養はサプリで補うのもありかな。」と思っていたし、「血圧やコレステロール値を下げる」などのうたい文句には惹かれるものがありましたが、「本当の所はわからないなあ」と思うようになってきました。

 

健康を思ってお金を払って飲んでいるのにそれで病気になったら・・・

「ぴんぴんころり」を目指すためにはサプリより運動と食生活かも

と今は考えています。

そんな時のこの記事です。

近年サプリメントによる子どもの健康被害が相次いで報告されているそうです。「肝障害」「栄養障害」を発症したケースもあるとか。

 

成分が濃縮されたサプリを子どもが摂取することで思わぬ体調不良の原因になることがあるのです。

 

また、健全な食生活の形成を阻害する恐れもあります。

サプリによっては粗悪品もありますし、幼児などに長期間与えた時の安全性や有効性はほぼ検証されていないです。

 

成長期の子どもにとってはまずは「バランスのとれた食事が基本」です。

この記事の最後にもありますが、栄養不足などが心配なら、医師や栄養士などの専門家に相談した方が確かです。

 

簡単、手軽なサプリメントですが、特に子どもには要注意です。

 

京都に行ってきました!(その6)

都をどり

いよいよ六波羅蜜寺から歩いてすぐの甲部歌舞練場へ。

ここは有名な祇園の通りに沿った大きな建物です。

周りには芸妓さんや舞妓さんの置屋お店がいっぱい!

観光客の最も多いところ!!

 

今回はお茶券付の予約だったので、お茶席から入りました。


お庭の見える待合
待つこと10分



大きなお茶席に誘導されました。もちろん椅子席です。

前では舞妓さんがお茶を点てています。

 

順に案内されるのですが、私が案内されたのは一番前の角

席の上には「正客」の札が・・・。

 

「正客」の札のある席の人には舞妓さんが点てたお茶が振舞われるのです!

 

他の人は・・・裏で点てたお茶を運んでくるのに・・・。

私には舞妓さんが点てたお茶をもう一人の舞妓さんが運んできてくれたのでした。

なんてラッキー!!!これだけで来たかいありです。

 

薯蕷饅頭を食べて美味しいお抹茶(おうす)をいただいたらすぐに入れ替えです。


薯蕷饅頭ののっていたお皿はお土産として持ち帰ることが出来お皿の下に持ち帰り用の紙袋が用意されているのです。イキですよね!

お庭を通って会場に入りました。

 

1階の後ろの席だったのと、前が外国の方で背が高かったので若干見にくかったのですが、これは仕方がありません。前の方はもっと早くに予約しないとね

 


でも、ビールと疲れに負けて居眠りしていた私にはここが良かったのかもしれません。

とは言え、こんな私でも華やかなお囃子と美しい舞は十分に楽しめました。

 

ただ、説明が聞けるレシーバーを借りて鑑賞したらもっと楽しめたかも。

次回行くことがあれば、借りてみたいと思いました。

 

一日 めいっぱい楽しんで、くたくたになって帰宅しました。

*お土産の生八つ橋


やっぱり電車は疲れます////

 

京都に行ってきました!(その5)

ビール工場から京都祇園

西山天王山駅にもどり、再び阪急京都線京都河原町へ。

もちろんビール工場でも、駅でもトイレに行きましたが、河原町に着くころにはまたトイレに・・・

駅で行くつもりがうっかり改札を出てしまったらトイレがない!

コンビニに飛び込んだらトイレは無し!(「使用しないでください」と・・・)

京都には公衆トイレも結構あるはずなのに、肝心の時には見つからない!

ピンチ!!


ちょうどお昼時でもあったので、通りかかった天ぷら屋さんで昼食をとることに。

 

中の席は一杯だったのですが先にトイレだけ貸してもらってぎりぎりセーフ!

 

ビールは好きなんですがこれだけが困るんですよね・・・

 

少しお店の外で待ってから店の中に。カウンターといす席が二つの小さなお店でした。

野菜天丼定食釜たまの冷(珍しい!)を注文しました。



あわてて入ったお店だったんですが、京都の割にリーズナブルで、とっても美味しかったです。

 

そこから少し歩いて六波羅蜜寺に。


教科書にも載っていた空也上人の像で有名なお寺です。

口からお経が出ているあの像desu///

 

前回訪れた時は境内空也上人の像が立っていたと記憶していたのですが(うろ覚えですが)、今回行くと見当たらない。

 

新しい宝物殿が出来ていて、拝観料を払うようになったみたいです。

まあ、野ざらしもいかがなものかですよね。

 

今回は時間もなかったので、お参りをして御朱印だけいただきました。