きぬさや自由帳

小学校教師を卒業して、未知の世界にチャレンジ!

熊野三山旅日記2

熊野本宮大社

*本殿


山の中の道(国道168号線 通称「いろは」線)を十津川に沿って熊野本宮大社へ。本宮大社にはお昼ごろに到着しました。ここには多くの観光客が訪れていました。なんとか駐車場にも待たず入れましたが、出る時には10台ぐらい駐車場に入る車が並んでいました。

熊野本宮大社遷座130年の記念の年だそうで、鳥居の所で感染症対策の消毒をすると記念のシールがいただけました。初詣のお飾りや参道の一方通行が残る中、境内を進みお参りをして御朱印をいただきました。

*いただいたシールなど

ここには四柱の神様が祀られていて、お参りする順番があります。まずは向かって右から二番目のスサノオノミコトにお参りして、そこから順に左隣のイザナギノミコトイザナミノミコトと進み最後に一番右のアマテラスオオミカミにお参りします。「人が多い時は右から順番にお参りください」と書いてありましたが、そこまで混んでいなかったので正しい順番にお参りすることができました。ここの主神はスサノオノミコトなのだそうです。

*八咫ポスト

熊野三山というと八咫烏(ヤタガラス)です。サッカーの全日本のエンブレムとして有名になりましたが、八咫烏(ヤタガラス)とは神武天皇の東征の時に大和の橿原まで導いたとされる、足を3本持つカラスです。熊野三山にはあちこちに八咫烏をモチーフにした物があります。ここ本宮大社には、「八咫ポスト」という郵便ポストがあり、ここから手紙をだすと社務所でメッセージスタンプを押してくれるのだそうです。

 


一方通行の境内の最後で、お土産の八咫烏の根付を買って大斎原(おおゆのはら)へ。


大斎原(おおゆのはら)
本宮大社から歩いて10分ほどの所にあり、もともと本宮大社があった場所で、今は大きな鳥居が立っています。三つの川が合流する熊野川の中州にあり、明治22年の大水害以前はここに社殿が立ち並んでいたそうですが、少し小高くなった川の堤防から見ても、「ここは水害にあうだろう」と思われる立地です。昔の人は流されても、流されてもまた再建してきたのでしょう。それはそれですごいなあと思いました。

世界遺産本宮館の山伏像


大斎原(おおゆのはら)から本宮大社に戻ってくる道に世界遺産本宮館」があります。世界遺産の「紀伊山地の霊場と参詣道」のことや観光情報などが紹介してあるのですが、お腹が空いていたのでさっと見て、近くの「しもじ」というお食事屋さんでお昼ごはんにお蕎麦をいただきました。また、写真は撮り忘れて食べ終わってしまいましたが、なかなか美味しかったです!


鳥居から続く、木々に囲まれた階段に多くののぼりが立っている参道、大斎原(おおゆのはら)も含めて平安時代から多くの人が参詣に訪れたことがしのばれる神社でした。3回目にして初めてしっかり見て回れたような気がしました。

P.S 境内に百人一首の読み手の一人、和泉式部がこの地を訪れた時、「せっかく来たのに月のさわり(月経)でお参りできずにとても残念」という歌を詠み、建てられた塔があります。本殿の横の小さな塔です。訪れた時には探してみてください。


・・・つづく・・・

熊野三山旅日記1

まずは五條の金剛寺

薬師霊場巡りの金剛寺が五條にあり、行くときに寄れるということで最初の目的地は金剛寺に設定していざ出発。これで薬師霊場巡りはあと奈良の3つを残すだけとなるのです。金剛寺の開門は9時と本に書いてあったので、9時ごろ着くつもりで出発したら、少し早め8時40分に到着。途中でトイレ休憩が取れず、着いた時にはトイレ!という状態だったのですが、まだ開いていないかも・・・?ヤバイ!と思っていたら、なんと8時半から開いていたのです!ラッキー!

金剛寺


お寺の中に入り、お堂の外からお参りして、御朱印をいただいてからトイレをお借りしました。

金剛寺は関西花の寺の霊場でもあり、お寺の裏を流れる吉野川のほとりに牡丹やアヤメを栽培していて、4月から5月はとても見事なのだそうです。お寺の方もお花の美しい時期に来てくださいと言っておられました。私たちが行った時は残念ながら花もなく、落ち着いたこじんまりとしたお寺でした。花の時期でないのが本当に残念でしたが、お花の時期は混雑するんだろうなあといらぬ心配も。

谷瀬のつり橋

紀伊半島縦断のコースで、次なる目的地は、「谷瀬のつり橋」です。上野地駐車場に車を停め、せっかく来たのでつり橋を渡りました。駐車場は高めの800円ですが、つり橋を渡るのにお金はいりません。

「谷瀬のつり橋」は奈良県吉野郡十津川村の十津川(熊野川)にかかる生活用の鉄線でできているつり橋です。川面から54m長さは297.7mで一度に20人の人が渡れます。長い間長さが日本一だったそうですが、残念ながら今は2番目だそうです。地元の人はこれを自転車で渡っていたとか。

この日天気は良かったのですが、橋の上は風が強く、めちゃめちゃ寒かったです。風で橋が揺れるのでなかなか怖い!落ちることはないのですが、下の川まではかなりの高さがあり、隙間から下が見えるので、ゆれるとやっぱり怖いです!景色も良いしスリルもあるし渡る価値はあります。ただ、以前夏に来た時は、川を渡る風が心地よかったのですが、やっぱり冬は寒い!違う季節をお勧めします。寒いためか観光客は3組ほどでした。

*谷瀬のつり橋


橋の上から下を見ると、川原に建物と遊び場のようなところが見えて何だろうと思っていたのですが、調べてみると「つり橋の下キャンプ場」というキャンプ場でした。この付近にはオートキャンプ場を含めていろいろなキャンプ場があるようですが、バンガローや遊ぶところなどもあって、ちょっと行ってみたくなるような楽しそうなキャンプ場でした。夏に子どもと川遊びをするのもいいでしょうし、今流行のソロキャンプにもいいみたいですよ。私はあまりキャンプが得意でないので・・・遠慮しますが。(旅行の時に料理したくない、ゆっくり寝たい、虫嫌いなどなど)


次はいよいよ熊野三山です。   

             ・・・つづく・・・

熊野三山旅日記 プロローグ

初詣も兼ねての旅

2023年、年初めの旅行は熊野三山紀伊半島の奇岩を巡る旅でした。

熊野三山熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社の三つの神社の総称です。世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道は、京都からこの熊野三山に至る参詣道で、奈良県三重県和歌山県の山中を通るところが世界遺産に指定されていて、熊野三山もそれに含まれています。

青岸渡寺那智の滝


この旅を計画したのは、一昨年紀伊半島を一周した時に、天気が悪くて那智の滝をパスしたことが気にかかっていて、華厳の滝を見たことでそれを思い出したのがきっかけです。

過去に2度行ったことのある熊野三山ですが、このブログを書き始めて、もっとじっくり見たいとも思ったのです。文章に書こうと思うと見方が変わる!ただ景色を見て、温泉でゆったりするだけでなく、より詳しくいろいろな物をじっくり見てみたい、知りたいと思うようになったのです。ますます旅が好きになりました。

ブログを始めてもう一つの変化は、カメラを持ち歩くようになったことです。以前は「写真撮っても後で見ることがないし、カメラも重たいし・・・。」と思っていたのですが、今は自分の思った構図の写真をとってブログに載せたいと思うようになりました。ただ、まだまだ写真を撮ることに慣れていないので、上手く撮れませんし、撮るのを忘れてしまいます。特に食事!食べ終わってから「ああ、撮るのを忘れた!」ということがしばしばです。まだまだ修行が足りません。

*大斎原の大鳥居


夫は写真を撮るのが以前から好きだったので、今までに撮りためた写真や上手く撮れている写真をもらっていたのですが、今はますます気合を入れて撮ってくれています。ただ、食べ物に関しては二人とも撮るより先に食べてしまいます。なにせ先に撮影する癖がついていないので、食べ始めてから又は食べ終わってから「しまった」と気が付くことがしばしば。 (;´д`)トホホです。

今回のルートは、奈良県五條市の薬師観音霊場の金剛寺によってから、谷瀬のつり橋を通って南下して、熊野本宮大社・熊野速玉大社で参拝して休暇村南紀勝浦で一泊。次の日に熊野那智大社那智の滝をゆっくりお参りして、海沿いに帰る道で古座川沿いに点在する奇岩を見ようというコースです。古座川の奇岩は、昨年ふと見ていたテレビ番組「ドラレコの旅」で放映されていて、「これは見てみたい!」と思ったので今回のコースに組み込みました。その番組で紹介していた「白崎海岸」も行く予定でしたが今回は時間がなくてパスしました。また、そのうちに行きたいと思っています。

*休暇村からの夕暮れ


冬の旅は夕暮れの時間が早いのでちょっぴりもったいない気はしますが、まあ、一日中動き回るのもしんどいので早目の温泉で・・・。

子どもの睡眠時間について

しっかり寝ていますか?

1月29日付の朝日新聞のフォーラムで「子どもたち、眠れてる?」という記事がありました。日本人は大人も子どもも睡眠時間の短さが指摘されていて、高校生の2人に1人は睡眠に何らかの問題を抱えているそうです。そして、睡眠に問題があると、登校意欲を喪失するリスクが2.2倍に、週一回の欠席リスクは2.4倍に高まるそうです。また、8時間未満の睡眠は自殺企図率が2.9倍になるという海外の研究もあるそうです。


小学生でも睡眠時間が少ない子が少なからずいました。そして、データは取っていませんが、睡眠時間の少ない子がいろいろと問題を抱えていることが多いと感じていました。大人の生活に影響されてしまい、子どもの発達段階に見合うだけの睡眠時間が確保されていないのが要因にあるように思います。

「子どもが朝早く起きると家事がはかどらないので、夜遅くまで起こしておいて、朝ゆっくり起きてくるようにしている。」というお母さんの話を聞いて「危ないなあ。」と思いました。遅く寝るのが習慣化してしまうと、寝付きにくくなることもあります。でも、朝は起きないといけない。寝不足で昼間ぼーっとしていても、「それが普通」と思ってしまう。


大人でも8時間くらい寝るのが健康のために良いというのは、いろいろな所で言われていることです。また、早起きは小さい時から習慣づけておくと学齢期になっても心配ありません。大人のいろいろな事情でどうしても無理な家庭もあるでしょうが、子どもにとって睡眠は、これからの心と体を作るためにとても大事です。寝ている間に体が作られていると言っても過言ではないのです。それを考えて生活のリズムを組み立ててほしいと思います。睡眠のリズムが崩れると心の不調の原因になるのです。反対に睡眠の不調を訴えたら、心の不調を疑わないといけません。気持ちよく眠れて心身の疲れを取ることが子どもには特に大事です。


我が家では、上の子が中学を卒業するまで9時に寝かせていました。そして、6時には全員起床。私が起きる時に有無を言わさず布団をたたんでしまうのです。高校で私学に進んだ長女、4月初めに学校から勉強合宿があり、帰宅して曰く、「晩御飯を食べた後も勉強があって、9時を過ぎると眠むたくて、眠むたくて。先生に9時に寝ていたと言ったら幼稚園児かと言われた!」(笑)

高校は宿題が多く、でも夜は起きてられないので、早朝3時ごろ起きて宿題をしていました。睡眠時間が一気に少なくなったのですが、電車の中で寝ていたようです。大人になった今では、遅くまで起きていられるようになっていますが、いつでもどこでも寝られる特技を持っています・・・。


9時に寝かせるのが良いか悪いかは、いろいろな意見もあるでしょうが、少なくとも小学生のうちは、最低8時間は眠れるようにリズムを組み立ててあげることをお勧めします。また、起きてから完全に脳が働くまでに2時間ほどかかるので、理想は10時までに寝て、6時に起きるでしょうか。もちろん、低学年であればもう少し睡眠時間がほしいですが。

しっかり睡眠がとれている子は元気ですし、いろいろな事に前向きになれます。

この機会に子どもの睡眠時間を見直してみてはいかがでしょうか。

 

子どもを伸ばす行事を

もうすぐ2月です!

3学期が始まったと思っているうちに、もう1月が終わろうとしています。本当に3学期は短いですね。

*梅が満開です


1月は順調でしたか?2月のうちにその学年の学習を終わって、3月は復習に当てられればいいですが、学年によっては内容が多くてぎりぎりまでかかるということもあるでしょう。できれば、この一年を振り返る時間があれば次の年につなげやすいですね。

まだまだコロナが収まらない中での3度目の学年末、卒業式はどうなるのか、いろいろ頭の痛い事だと思います。過去2年間いろいろな行事がなくなったり形を変えたりしていて、子どもたちも先生も本当に大変だったと思います。早く通常の形に戻してあげたいと切に願います。

そんな中で大変でしょうが、年度末の行事の中に、子どもたちが楽しみながら力が付くような行事を考えてあげてください。

学校によっては全校的なお祭りのような行事があるところもあるでしょう。そんな機会を利用して、また、そんな行事がなくても、学年や学級で自分たちが計画して実行できるようなことを学年の締めくくりにしてみたらどうでしょう。

一年間の自分たちの成長が感じられると、きっとうれしいと思います。授業だけでも時間がいっぱいというのもわかりますが、教材研究で時間を捻出して創造性のある楽しいことをさせてあげてください。

3学期は短いです。計画は早めに立てないとあっという間に終わってしまいます。また、一発勝負の行事でなく、子どもがじっくり取り組む、年度末にふさわしい行事ができればいいですね。

*白梅は三分咲き


大事なことは先生も一緒に楽しむことと、ある程度のことは目をつぶることです。大人の思う「楽しい」と子どもの思う「楽しい」は違うことが多いので、こちらの理想通りには行かないものと思って取り組んでください。これは私の反省からです。

子どもたちの満足と、自分たちで作り上げた達成感がこれからのやる気と力になります。先生から与えられたのでなく自分たちがしたと感じられるもの。そうです「感じられるもの」ですから、任せっきりにしてもダメです。育っていない子に一から考えて作れと言ってほったらかしても、できるわけがありません。サポートされているとわからないように誘導したり、陰での声掛けや手伝いができるかどうかです。子ども任せで「できなかった」はかえって子どもの自主性を阻害します。陰で支えて成功させなければなりません。高学年になるとそれが一番難しいサポートだと思います。でもそれができればクラスはまとまるし子どもたちは満足します。

今年度はもう残り少ないですが、是非チャレンジしてください。

不登校の子と向き合う

担任として何をする?

不登校の子の問題を一人で抱えないで学校全体で向き合う。そこを大前提として、では担任は何をすればいいのか?


まず、教師としての意識改革がいると思います。先生が「同じでなくても良い」と思っていないと、子どもたちも他者を認められないでしょう。先生は一番身近なお手本ですから。「いろいろな考え方やり方があっていい。」と率先して示さないといけません。子どもたちが同じように動いてくれる方が楽なので、ついついそのように指導しがちですが、そこの意識を変えていくことが大事だと思います。

「学校に来なくても良い」のではなく、「来たくても来られない子もいる」ことを話し、「いろいろな考え方や生き方があって、人の意見も認めつつ、自分の意見・生き方もしっかりと持てることが大事なのだ」と教えていかないといけないのだと思います。

また、私の経験から、不登校の子への対処としては、少しでも保護者や本人が持っているしんどさは分かってあげることが大事ではないかと思います。「いつ来ても大丈夫な体制」と「親へのサポート」を発信し続けることではないかと思うのです。「来ましょう」ではなく「来られるなら、いつ来ても大丈夫だよ」と。もう一つは、本人もしんどいでしょうが、親もしんどいはずです。親の方がしんどいかもしれません。ですから、親に寄り添うのが大事だと思います。親のしんどさに共感することで学校に来るようになった子もいました。

連絡を取ったり誘いに行ったりというところで、他の子どもたちの力を借りていいのか、借りないほうがいいのか?ということも悩むところだと思うのですが、その子と周りの子にもよりますが、子どもにあまり負担をかけるのはお勧めしません。他の子が負担に思うと反発が生まれたりします。もちろん、自主的にしてくれることは大歓迎ですが、どんなことをしてくれているか把握しておくことが必要です。大事なのは、折に触れてクラスの子に「クラスにはその子もいる」ことを意識させるために話題に出すことです。その子が学校に来たくなったら、いつでも気持ちよくクラスで受け入れられるように、クラスの子に普段からその子の存在をアピールして根回ししておかないと、折角来ても居心地が悪くて、また来られなくなってしまいます。

学校に来るだけが正解ではないと思いますが、来たくなった時来られる体制だけは作っておいてあげないといけないと思いますし、親子で孤立してしまわないようなサポートも大事だと思います。

学校に行けなくても、いろいろな選択肢が身近にあればいいのですが、なかなかそんな条件が整っているところばかりではないと思います。不登校の子以外にもクラスには様々な子がいます。少しでも学校が楽しいと思えるような授業や楽しい行事も作ってあげて、ちょっとしんどくても学校に行きたいと思ってもらえるようにしてあげてください。

 

不登校の子いませんか?

悩んでいないで・・・

現在、どこの学校でも不登校の児童生徒がかなりいるのではないでしょうか。3学期子どもたちは元気に登校しているでしょうか?何度か取り扱ってきた話題ですが、今も不登校の子どもをクラスに抱えて、どうすればいいのか悩んでいる先生も多いと思います。

いろいろな考え方のある今の世の中ですから、生き方は同じではないし、同じようにならなくても良いと思うのです。でも、世間は案外同じような方向を向くことを望みます。特に学校というところは、多くの子どもが効率よく学ぶために同じ方向を向くことを強いる傾向にあります。また、子ども同士の中にも同調圧力が強いのを感じます。きっと小さい時から、人と同じようにできることを望まれているのでしょう。その中で、しんどくなった時、ある子は周りと衝突し、またある子は不登校になっていく。

「みんなと一緒」ということを「イヤだ」と主張できる子は浮くし、主張できない子は疲れるのは当たり前です。

学校に来ないといけないというわけではないと思うのですが、それ以外の選択肢がまだ少ないので、親も先生も「無理にでも学校へ」となるのですが、なかなかうまくはいきません。残念ながら。

ただ、先生のつらいところは行政の姿勢が一貫していないので、ある時には「登校刺激を与えるな。」と言われるけれど、また他方では、「かかわりを持て。」とも言われる。そして何かあれば、担任は何をしていたのかと責任を問われる。とてもしんどい事です。ですから、絶対一人では立ち向かわない!学校の問題にしてください。

不登校になる前には、「行き渋る」「体調が悪くなる」「欠席がちになる」などの前兆があり、欠席調べなどから不登校の予防に取り組んでいる学校も多いと思います。担任の立場としては「自分の手で」と思いがちですが、何年にもわたる(長い子だと小学校6年間すべて)わけですから、学校全体での共有が不可欠です。その中で今年はどう取り組むかが大事ですし、しんどい時はいろいろな先生に関わってもらい、親にも「学校全体で面倒見ています」と分かってもらうほうがいいです。

多くの学校で支援の体制ができていると思うのですが、もし、一人で抱えているのであれば、是非一人で抱え込まず多くの先生に相談してください。また、周りの人も明日は我が身ですから、学校全体で面倒をみる体制を整えてください!