きぬさや自由帳

小学校教師を卒業して、未知の世界にチャレンジ!

さあ、冬の家庭菜園始まり はじまり

芽が出ました。

*エンドウ

遅ればせながら2週間ほど前に蒔いた種子が、そろそろ芽を出してきました。大根・蕪・キャベツ・エンドウです。4つの苗どれがどれかわかりますか?エンドウだけは、種子から大きく形が違いますし、出てきた双葉の形も違うのですぐわかります。後の3つは・・・。

*たぶん大根


種子の大きさもゴマ粒の様でほぼ変わらず、ただ、加工されていたキャベツは青色の種でした。種子を蒔く時は後で畑に移植する時のために、ポットを変えてわかるように置いておこうと思っていたのです。エンドウとキャベツはそのまま植えられる紙製のポットに蒔いて、大根・蕪は大きくなる時に邪魔にならないようにプラスチックのポットに蒔いてポットから出して植え替えようと。なのになのに・・・。キャベツの青い色の種子に見とれて、ついプラスチックのポットにパラパラと蒔いてしまったのです。しまった!と思ったときにはもう遅く、それに動揺して大根と蕪の種をどっちに蒔いたのかわからなくなってしまったのです!

*たぶん蕪

とりあえず、キャベツとエンドウは判るので、畑に植えるのは何とかなるか(´;ω;`)と思いなおしました。あ~あ、やっちまった。とりあえず来週になったら畑に植えたいと思っています。

今回は畑用の土を足して肥料などを入れ、少し高めに畝を作りました。2週間前、畝の一列に直播きで大根の種子を一袋蒔いてきました。前にとれた大根より少しはまともな大根が取れるといいのですが・・・。実験として、筒でかさ上げして育てる物も作ってみようと思います。

キャベツは昨年までは、モンシロチョウの青虫のエサ用として2月ごろ植えていたのですが、今年はこの時期から植えるので、青虫に食い荒らされることなく私たちの口に入るのではと期待しています。

*キャベツ

畑の土が深くまで柔らかい土ではないので、蕪なら大根より上手くいくのではないかと、今年挑戦してみることに。エンドウは昨年通りであれば、ばっちり美味しいかなりの収穫が見込めると思うのですが。

白菜や葉物を作ることも考えたのですが白菜はなかなか巻かないし、葉物は週一回行けるかどうかでは食べごろにとれないかも、ということでやめました。

近くの畑や家庭菜園で上手く作っておられるのを見て、お手本にしつつ、できる範囲で家庭菜園を楽しみたいと思っています。結果に乞うご期待!