きぬさや自由帳

小学校教師を卒業して、未知の世界にチャレンジ!

我が家にはヒメがいる(その2)

うちのかわいいヒメの続きです。ヒメの忘れられない思い出話を。

*夏バテぎみのヒメ

ヒメの脱走

このヒメ、若い頃に2度脱走をしました。1回は扉の下の掛け金を忘れていたら、そこを無理やり押して隙間から出たようです。学校から帰った娘が近所の人に「ヒメちゃん幼稚園バス止めてたよ。」と言われて大慌てで探したら、近くをうろついていたので捕獲。もう一度は、夏に外で水浴びがてらシャンプーしていたら首輪が抜けて脱走。なにせヒメは水が嫌いで、今でも雨の日は早々に散歩を取りやめてしまうほどなのです。その時は、追いかけると逃げるので、エサでおびき寄せて捕獲しました。この頃は年を取ったのでそんな元気はなさそうですが・・・。

恐怖!口から・・・

ヒメの困った癖。なんでも拾い食いする。夏には蝉の死骸を食べちゃうことも。忘れられない恐怖体験は、散歩に連れて行った時、「植え込みに頭を突っ込んでるなあ」と思った後、「妙にスタスタわき目もふらずに歩くようになったなあ」と思ったら、前から来た人がヒメを見て何とも言えない顔をしたのです。「おかしい」と思ってヒメの顔を見ると、ヒメの口から翼が・・・。スズメの死骸をくわえていたのです。ヒメはあわてて小屋に帰ろうとするのです。「どうしよう???」小屋に入れたらきっと食べるし、引っ張っても離さないし、とりあえず小屋に入る前につないでおいて、一番好きなおやつを持ってきて目の前に置き、口からスズメを離したその一瞬に蹴り飛ばし・・・何とかセーフ! 以来植え込みに顔を突っ込みそうになったら止めます!全力で!

ヒメの出産

ヒメは2回出産をしました。2歳と4歳の時です。出産に立ち会えて本当に良かった。生まれてくる時も感激!赤ちゃんを産みながら先に生まれた子の世話をするのです!生まれて一週間は、トイレに行くためだけに散歩に行って直ぐ帰ってくるし、小屋が汚れないようにずーっと子どものうんこやおしっこの世話もしてるし、えらいなあと思いました。丸裸の赤ちゃんからふかふかの赤ちゃんになるまで、ほぼ一か月間、毎日子どもの体重を計りながら、ヒメの子育てする姿を見せてもらって、私たち家族にとってすばらしい経験でした。離す時は本当にかわいそうでしたが、子どもたちはみんなもらわれていきました。

*初めての子(二匹)とヒメ

*二回目の4匹の子

今年13歳。少し年を取ったと思うけど、これからも元気に長生きして、夫の散歩の相手をしてほしいと思います!