きぬさや自由帳

小学校教師を卒業して、未知の世界にチャレンジ!

東北旅行記(5日目 最終日)

最終日 仙台(宮城)

瑞巌寺

松島

いよいよ最終日。昨年は飛行機までの時間、日本三景の一つである松島へ。昔、島めぐりをしたことがあるので、今回は瑞巌寺円通寺と五大堂へ。

何となく「松島って景色はいいけど・・・。」と思っていたのですが、以前はお寺の前まで行っただけだった瑞巌寺円通寺をゆっくり参詣すると、伊達政宗が力を入れて再興した寺だけに見ごたえのあるお寺だったり、お庭だったり!

同じところに行っても、その時々の自分の年や誰と行ったかによって大きく印象が変わるかもしれないと思いました。松島は期待せずに行ったのですが、行って良かったと思うところでした。ツアーのような大勢の人と動くのでなく、また、大人ばかりだったので好きな場所で好きなだけ時間を取れたのがよかったのかと思います。今、子どもと旅行を楽しんでいる人も、何年何十年してからもう一度訪れてみてはいかがですか?全然違った感想を持つかもしれません。

仙台うみの杜水族館

*クラゲの展示とリスの食事

今年は蔵王に行く予定でしたが天気が良くなかったので、仙台うみの杜水族館に行きました。暑い時、雨の時の水族館は最高です。ここでは他の水族館にない展示として、飼育員さんの撮った動画が秀逸でした。「深海クッキング:ダイオウグソク蒸し」仙台うみの杜水族館の公式ユーチューブチャンネルでも流していて、当日はゆっくり見られなかったので、帰ってから見たのですが面白かったです。

深海生物のクッキングだけでなくいろいろな動画もあって水族館のスタッフもいろいろ工夫しているんだなと思いました。

あと、うみの杜スタジアムではカリフォルニアアシカやバンドウイルカのショーが見られるのですが、一番感心したのが、ショーに出演していないイルカたちが横の水槽で遊んでいる姿です。自分でボールを口にくわえて投げ上げてキャッチする。以前どこの水族館だったか忘れたのですが、そこではイルカショーがなく、普通の水槽(上が空いていた)にイルカがいました。するとイルカが通りかかった私たちにボールを口で飛ばして渡してくるのです。投げ返すとまた・・・。本当にイルカって賢いんだなあと思いました。暇なときは自分で遊ぶんだ!まるで人間みたい!そんなことを思い出して、ショーより遊んでいるイルカに見とれてしまいました。

*一人?で遊ぶイルカ


お土産では、「ダイオウグソクムシスイートポテト」なんてのもありました。20~25㎝もありそうなダイオウグソクムシの形をしたスイートポテト。買いませんでしたがなかなかのインパクトでした。

仙台空港

昨年は仙台空港に食べるところがなかったらと思い、昼食はその前のどこにでもあるチェーン店で食べたのですが、行ってみたら美味しそうなお寿司のお店!今年はリベンジでそのお店でお寿司を食べました。仙台空港はお土産も食べるところも充実しています。行くことがあれば、時間にゆとりをもって回れるようにしておくといいですよ。

生しらす丼、生ガキ、ずんだシェイク


ああ、楽しかった東北旅行もこれにて終了です。