きぬさや自由帳

日々思うこと、旅日記、子育てのヒントなど

関東旅行記7(袋田の滝編)

袋田の滝

大洗から車で約2時間。

フルーツ王国茨城を実感する、周りに広がる果物畑、温室、畑を過ぎると道は山の中に入っていきます。滝に近づくとジビエのお店もありました。



日本三名瀑の一つ袋田の滝は観光名所なので、季節の良い時に来ると交通渋滞で動きが取れなくなるそうです。

この時は、日曜日でしたが、12月のそれもまだ冬休みでない時期なので空いていました!

無料の駐車場に入れて10分ほど歩くと観瀑トンネルの入り口の料金所です。

 



入場料一人300円
を払ってトンネルに。

中はライトの光がいろいろ変わったり、ラブスポットがあったりとイマドキな演出があり、楽しめるようになっています。


第一観瀑台
まではそのトンネルの中を5分ほど歩きます。そしてエレベーター第二観瀑台へ。

袋田の滝は、幅の広い優雅な滝で、那智の滝華厳の滝とは一味違った滝でした。


極寒の季節、滝が全面凍り付いた景色が素晴らしいそうです!(本当はそれが見たかった!)

トンネルを出てつり橋を渡り、対岸からも滝を見ながらぐるっと回って元の地点に戻りました。


昔は滝つぼの方に行く道があって、遠足などでも来ていたそうなのですが、今はその道は途中までのようでした。

滝近くにあったお店で「がっぺこんにゃく」という手作りこんにゃくを買いました。

 

後日お造りで食べました。普通のより柔らかくてでももっちり・・・美味しかったです。

*竹炭のがっぺこんにゃく


滝に満足して、次はこの辺りの名物の一つリンゴを買いに道の駅にを目指しました。

 

 

関東旅行記6(袋田の滝までの道中編)

魚・干し芋・船納豆

大洗の海岸沿いには海鮮のお店がいっぱい!

今回はあまり食べなかったけどお魚も美味しそう!

偕楽園の桜

また、ひたちなか市の周辺を走っていると、干し芋の文字がいたるところに見られます。

そして、お芋をスライスしたものが干してあるのです。

産直市場では朝の8時過ぎに人の列が!

弟に聞くと、美味しいと評判の所では休日には早朝から長蛇の列ができるのだそうです。

 

そういえば以前来た時には、スーパーに干し芋が1キロ2キロの箱入りでたくさん並んでいたのを思い出しました。

*毎年贈ってくれる干し芋

初めて見た時は、干し芋って箱売りするものなんだ・・・。とビックリ!!

*ねっとり柔らかくてメチャ美味しい!


大阪では小さな袋づめの干し芋しか見たことない!

茨城県干し芋の生産量ダントツ一位なのがよ~く解かります。

*お土産にもらった干し芋

そして、弟夫婦とおちあって袋田の滝に向かう道では、フルーツ王国茨城県が感じられる果樹園や畑が次々に車窓を過ぎていきます。

でも、一番気になったのが、「船納豆」という大きな看板納豆ファクトリー特徴的な建物です。

な・な・なんと!茨城では、納豆だけのお店があるのです!

「船納豆」なんてとっても気になるじゃないですか。


車の中で検索したら、残念ながら「納豆ファクトリー」の工場見学予約制で、見学はできなかったのですが、お店は開いているとのこと。

滝を見た帰りに是非寄ってみようと心を決めたのでした。

関東旅行記5(大洗磯前神社編)

大洗磯前神社(おおあらいいそさきじんじゃ)

朝7時前

お宿から5分ほど海岸沿いに車を走らせて着いたのが、大洗磯前神社です。


平安時代に創建され、水戸藩二代目藩主徳川光圀が再興を命じ三代藩主綱條(つなえだ)によって再建された神社です。

高台にある境内の鳥居から見下ろす景色は、一筋の光のように海を一望できます。


また、神社の急な長い階段を下りて海岸に出ると、神の降り立った地があり、海の中に鳥居が立っていました。

*神の降り立った地


ちょうど朝日の昇るのがその鳥居のあたり!

日の出に間に合わなかったけれど、ちょうどこの時少し雲があったので、いい感じで雲の向こうにまるで日の出のような朝日が見られました。

 

ぜんぜん予定していなかったのに、とてもいいものが見られました!

 

お宿に向かって走っていると、お宿から電話が・・・

私たちが急いでいたので朝食の用意を早くしてくれていたのに、まだ帰っていないので、「お鍋に火をつけるのをどうしますか?」という電話でした。

なんて親切!

「火をつけておいてください」とお願いして大急ぎでお宿へ・・・

思いもよらない神社からの景色についつい長居をしてしまったようです。


朝食も程よい量で満足して宿を後に、今日の目的地袋田の滝めがけて出発です。

関東旅行記4(リゾート大洗松本編)

リゾート大洗松本

この日の宿は、リゾートというには少し小ぶりな2階建ての小さなお宿です。

*マップがあるんです!

大洗海岸に徒歩で行けるところにあり、近くにはサーファーが集まりそうなお店もありました。


そして、冬のこの時期はあんこうが有名らしく、他のお客さんはみなさんあんこう鍋を頼んでおられました。(行ってから知りました)


その中、私たちは常陸牛懐石。うちの家族はお魚の鍋は苦手なのです。骨が鍋の中に散らばるのが許せない・・・。これは私の意見です。

*地酒もなかなかいけました


十分に品数もあり美味しくいただけました!これに鍋があっても食べきれない・・・好きでないからかも・・・

あんこうの唐揚げ


お風呂は一応温泉ですが、小さなお風呂が3つ

5人用のお風呂が男性用で、3人用と2人用の小さな二つのお風呂が女性用。

その日の宿泊は、男性が多くて、女性は私たち以外では二組3人。したがってゆっくりと3人用のお風呂に入りました。


お部屋はフツーの和室です。

お布団ふかふか室温もGOOD。ゆっくり眠れました。

次の日には二人用のお風呂で朝風呂に。

どちらも家庭風呂よりやや大きいサイズですが十分満足できました。

 

翌朝、8時に出る予定でしたが、食事は7時半からということ。

7時前に荷物を用意してから「海岸に散歩に行こう!」と思ったら、宿の人に近くの神社を進められ、行ってみることにしました。

 

関東旅行記3(千波湖編)

千波湖(せんばこ)


偕楽園
を出て近くの千波湖に。

その横に立つおしゃれなお店「好文cafe」でお茶しようと思ったら、駐車場に車がいっぱい!

何とか空いているところを見つけて車を停めました。


人が多いはずです、横の広場でイベントをやっていました。

野外ライブや出店・・。けっこう大きなイベントの様でした。

お店がいっぱいかと思ったら、お店の方はそれほど混んでいませんでした。


夕食のことを考えて私と夫は紅茶だけにしました。

娘は名物「白鳥シュー」紅茶にしようと思ったら、なんと「白鳥シュー」は売り切れ!「黒鳥シュー」はあったのですが、コーヒーゼリー紅茶にしました。


紅茶600円
は高め?!と思ったらポットで出てきて、3杯分くらいありました。ということは安い!でも、お腹がちゃぷちゃぷになってしまいました。


千波湖の周りには土曜日ということもあって、多くの人が散歩したりジョギングしたり。

にはいろいろな種類の鳥たちがのんびり浮かんでいます。

その中の最も小さな一羽だけ(オオバン?)が、果敢に潜りエサにチャレンジ。どこに浮かび出てくるかわからない!


その興味深い様子にしばし見入っていました。癒される~!

それを動画でとれない私はまだまだです。



次の日の打ち合わせをして、私たちは宿のある大洗海岸へ向かいました。

 

町の中を走っていて目につくのがやはり「納豆」干し芋の看板!

 

中でも「納豆カツ」の看板のお店にはビックリ!

いったいどんな料理なんでしょう。ちょっと見てみたい気がします。

 

30分ほど走って、大洗海岸近くの今宵の宿、「リゾート大洗まつもと」に到着しました。

関東旅行記2(偕楽園編)

偕楽園

徳川御三家の一つ、水戸黄門で有名な水戸藩の別邸であった偕楽園は広々とした公園の中にあり、広大な梅園があります。


早春の梅の花の時期
秋の萩の時期が特に素晴らしいそうですが、行ったのは12月。残念ながら山茶花牡丹が咲いているくらいで見どころは少なかったのですが、代わりに観光客は少なかったです。


近くにある偕楽園駅」は、梅の時期にだけ電車が止まる珍しい駅だそうです。

以前は偕楽園の中に入るのは無料だったそうですが、現在は茨城県民だけ無料で観光客は300円かかります。

 

でも大阪城公園より大きい梅林にいろいろな種類の梅が咲き誇る時期は素晴らしいだろうと思いました。

 

和歌山の梅林も規模が大きく見事なのですが、育てているのは多くは梅干し用の南高梅南高梅白梅なのです。やはりいろいろな色の花があるほうが華やかです。

 

花の時期に見てみたい気がします。

中にある好文亭


偕楽園
水戸藩の九代藩主徳川斉昭が「民と偕(とも)に楽しむ」ために作られたもので、同時に建てられた好文亭いろいろな人をもてなすために建てられたものです。


中のお部屋の襖絵がどの部屋の物も見事です。

そして、三階の楽寿楼からの眺めは梅林だけでなく、近くにある千波湖や、海岸近くまでが見通せる素晴らしいものでした!

 

日本最古と言われるエレベーターもありました。(食べ物をひもで持ち上げるもので、テレビのクイズ番組で言っていました。)


ここは全員入園料が200円かかりますが入る価値ありです。

中でお茶するのもいい感じでした。


ただ、三名園を比べると、ダントツで金沢の兼六園が庭園らしい!

でも、それぞれのお庭にはそれぞれの良いところがあります。

ここは、やはり梅の時期に来た時にすばらしさを一番感じるのではないかと思いました。

PS.好文亭の出口でほしいと言った人だけ襖絵の絵葉書がもらえました!



関東旅行記1(道中編)

朝4時

茨城県水戸市偕楽園に行って見学するには、水戸に2時頃までに着く必要があります。

車で水戸までは休憩なしで約9時間

休憩時間も入れると4時には出ないと・・・。

朝3時に起きて4時に出発!

寒波がやって来るという予報だったので、タイヤもスタッドレスタイヤに替えて、一応チェーンも持って万全の準備で出かけました。そして・・・今回はヒメの防寒対策もバッチリです。

*岡崎SA

真っ暗な高速道路、でもトラックが沢山走っています

われわれは遊びに行くけど、皆さんはお仕事をこんなに朝早く?夜中?までしてくださっていると思うと頭が下がります。日本の物流はこの人たちによって支えられているんだ!と感じられました。

いつもの御在所SAで軽く朝ごはんを食べ、新東名の岡崎SAに着くころにはやっと明るくなってきました。

*静岡SA

この日、大阪は朝から雨でしたが、その後はず~っと曇り。車の時は曇りの方がまぶしくなくて運転しやすいのですが、残念ながら景色は・・・。特に富士山が見えるはずの所からも雲、雲、雲

この日は裾野すら見えませんでした。

*海老名SA

東に進むと天気は晴れてきて、海老名SAを過ぎる頃にはステキな晴れ!

新東名から首都高速まで、ほとんど渋滞なくスムーズに進み、首都高速ではスカイツリーが間近にみえました。


首都高速道路も何とかクリアして、常磐道に。

常磐道に入ってすぐの守谷SA昼食を食べて、いよいよ偕楽園です。

守谷SA


偕楽園の駐車場はたくさんあるのですが、無料の桜山第二駐車場で弟とおちあいました。